ブランド買取店により査定金額に幅があることも

ブランド品の査定基準は買取店によって異なるということをご存知でしょうか。お店によって得意とするブランドやアイテムの種類もそれぞれ違うこともあるため、不得意なブランドアイテムを持ち込みしても査定金額が下がることがあります。また、鑑定書や保証書、箱などの有無でも査定金額が大きく変わるところもありえます。各お店のブランドアイテムの査定基準は、素人では想像できない様々な基準の要素があるため、どのお店で見積もりを出しても査定金額が同じになることはありません。ですから、一つの店舗で買取を決めてしまわずに、いくつかのお店で見積もりを出しておきましょう。それぞれのお店の見積もり金額の内訳を見て、1番納得のできる売却先で買取を決めてみてはどうですか。

ただ相見積もりをするだけではなく、交渉に挑戦しよう

ブランドアイテムを複数の買取店へ見積もりに出すのは、より高く売れるお店を見つけるだけがメリットではありません。複数の買取店での査定結果をもとに、お店の査定員と交渉する手段として利用できます。話し合いに成功すれば、さらに高値で買取してもらえるので実践してみてはどうですか?はじめての交渉に言いづらいと感じるかも知れませんが、物の売買には値段交渉をすることはめずらしいことではありません。買取店によっては、「他店よりも見積もり価格が低ければ相談あり」といったふうに、対応してくれるお店は多いので、思い切って交渉をもちかけてみましょう。他店へお客さんが流れないように、査定員も希望の金額を受け入れてくれるかもしれません。